ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

ホームページ作成の金額が業者によってピンキリの理由は?

ウェブ制作にはピンからキリまである
スポンサードリンク

実はアウトロードは少し前まで「ホームページ広告宣伝・集客・アクセスアップのアウトロード」にしておりました。しかし最近やっている仕事も変わってきたので、このサイトも「大阪のウェブコンシェルジュ-アウトロード」というタイトルに変更しました。

名前を変更したのはウェブ制作の仕事が増えてきて、パートナーの方と一緒に行うようになったからなのですが、アウトロードで受ける制作料金はかなり標準的です。ただ、中には100万円を超えるようなものもあれば、10万円を切る業者もありますが、一体どうしてこんなにも金額がピンキリで違うのでしょうか。

ウェブサイト制作でかかる料金について

ウェブサイト制作は最低限2つの作業が必要になります。それが

  • ウェブサイトデザイン
  • HTML・CSSコーディング

最低限ウェブサイト制作で必要なのがこの2つです。この2つさえあれば、ウェブサイト制作自体は可能です。ただし、この2つでできることはウェブサイトの見た目のレイアウトやカラー、そしてブラウザで表示させることが出来るようになるという機能のみです。

具体的に言えばイラストや写真を使ったヘッダーを作ったり、文章コンテンツを入れたり、動画コンテンツを入れたりするのは別の作業なのです。つまりホームページの見た目だけを作るのにこの二つが最低限必要になります。逆に言えばウェブサイトの基礎的な項目にこの二つは外せないのです。

ブログのテンプレートを選んだ状態に近い

このデザインとコーディングを行った状態はどういうものに近いか?といえば、ブログを始めるときに近いと思って下さい。そこで最初、テンプレートを選んでデザインやレイアウトを決めるかと思います。その状態が「デザイン」と「コーディング」が終わった状態と思って下さい。

ただ、ブログシステムの場合は簡単にサイドバーやヘッダーの更新が出来るようなシステムになっているかと思います。しかし、ホームページ制作をしてもらった場合には、そういったヘッダーやサイドバーを変更するときには、HTMLコーディングやCSSでの調整といった作業が必要になります。

現在ではWordPressのようなブログの管理画面と同じように、感覚的に操作・更新できるようなシステムも有ります。WordPressにするのはそれはそれで作業が必要になりますので、デザインとHTMLコーディングとは別で費用が必要です。その点、ご注意下さい。

ブログのようなWordPressは人気ですね

WordPressはブログと同じように更新できる、便利なシステムです。

基本料金に加えて追加費用がかかる項目とは?

基本であるデザイン・コーディングに加えて、WordPressを導入するのにも作業のお金がかかるわけですが、他にもホームページを作る場合に重要なものがあります。それがコンテンツとシステムです。コンテンツ制作にもシステム導入にもまたお金がかかります。およそ必要な物は下記のようなものがあります。

  • 文章・ライティング
  • 画像・写真・イラスト・マンガ・動画等
  • メールフォーム等のシステム

文章・ライティングは安くすることも可能

このような作業のためのお金がかかります。ホームページの基本は画像も増えてきましたが、文章がメインです。文章で会社の概要や理念、社員紹介や事業紹介などがコーポレートサイトであれば必要でしょう。この文章ライティングですが、やり方は二通りあります。

一つは製作会社に任せてしまう場合です。この場合、製作会社がヒアリングして、必要な情報を聞きだし、それをまとめて各ページに文章として落としこんでいくことになります。もう一つは自社で作って、それをそのまま製作会社に流し込んでもらうパターンです。両方にメリット・デメリットがあります。

自社で作成 製作会社で作成
メリット コストが安く済む 文章作成の手間がない
(ヒアリングを受ける必要はあり)
デメリット 文章作成の手間とスキルが必要 文章作成・ライティングの費用が別途かかる

このようにメリット・デメリットがあります。大阪ではどちらかと言うと費用を抑えたいということで、自社で文章を作成して、それを製作会社に流し込んでもらうパターンが多いように思います。東京ではライティング専門の方がいて、1文字数円で請け負っている場合も多くあります。

ライティングは費用を抑えることもできるのですが、ユーザーやSEOを考えたライティングとなると、専門家に任せたほうがいいでしょう。

写真は自社で用意し、イラストやマンガは別途費用が必要

次に必要な物は写真やイラスト等です。写真がないホームページは昔は珍しくなかったですが、今は写真がないホームページ・ウェブサイトというのはまずありえないでしょう。ヘッダー部分をメインとして、実績・社員の紹介などで写真を使います。イラストでかわいい物を使う会社も多いでしょう。

写真は自社で用意すれば無料です。また無料でビジネス利用もできる写真素材を提供しているサイトもございますので、そういったものを使えばいいでしょう(ぱくたそ等)。良い物を使いたい場合には有料の写真素材を使うか、プロのカメラマンに依頼して素材用の写真を撮ってもらうこともできます。

イラストも簡単なものであれば無料の素材があります(イラストAC等)。しかし実際に自社にあっているものをとなれば、イラストレーターにお願いすることになります。また最近であればマンガなどもコンテンツとして制作している会社もあります。マンガも自社で作れるなら無料ですが、たいていは漫画家に有料でお願いすることになります。

最近は回線が早くなってきて、スマートフォンであっても大量のデータをやりとりできるようになったということもあって、動画が流れるようなものも増えてきました。動画再生用のタグをもつHTML5が広まってきたことも大きな理由でしょう。動画はリッチコンテンツの代表格で、あるだけでかっこ良くみえたりしますね。

この写真やイラスト等はホームページの印象を変える、重要な要素になります。同じようなレイアウトのホームページであったとしても、写真やイラストによって全く違うウェブサイトに見えます。色使いや画像・イラストはそれだけ重要であり、自社や自分のアイデンティティを表すものと思っていいでしょう。

システム等はかなりお金がかかり、製作会社で出来ない場合も

システム費用はかなり高いと思って良い

システムが入れば、1000万円を超えるサイトになることも…

最後がシステムです。このシステムは大掛かりなものになればかなり金額が高くなってしまうので要注意です。たまに簡単に「食べログみたいなウェブサイトを作りたい」と言いますが、食べログのシステムを作るのには制作と導入だけで何百万円もかかるでしょう。そこから保守や機能を追加すれば更にランニングコストも大きくなります。

食べログやリクナビのような大掛かりなシステムであれば、ホームページの製作会社だけでは制作できないので、別途システム会社と組んで開発をする必要があります。そこまで大きなものでなくてもJavaScriptのようなシステムもあります。小さいシステムでも、導入するにはお金がかかります。

一番よく使われる機能としてはメールフォーム・問い合わせフォームでしょう。ウェブサイトから問い合わせができるようになるフォームがあると、問い合わせ率が上昇します。また、メールアドレスをそのまま書いて名簿業者にメールアドレスを収集される危険性もなくなります。このメールフォームもまたコストが掛かります。

最大で数千万円のウェブサイト制作にもなりうる

ウェブサイト制作にはだいたい上記のような作業が必要になります。一つのウェブサイトを作るときにはこのようないくつかの工程に分かれているわけです。よく安くウェブサイトを作って欲しいと依頼されるかと思いますが、安くするということは上記の工程を幾つか省かないといけないのです。

デザインはオリジナルデザインではなく、どこかで有料・無料のテンプレートを用いたり、コーディングは途上国のやすいコーダーを使えば、安く済ませられます。またイラストや写真も無料のもの、システムも一切入れないとなれば、安くウェブサイトを作ることが出来ます。これが10万円以下でもサイト制作ができる理由です。

逆に言えばお金をかければかけるほど、オリジナリティが高くてユーザーを集めやすく、また複雑な処理ができるシステムを導入したウェブサイトを制作することが出来るということです。仮に今のクックパッドのようなサイトを作るとした場合、システム開発とデザイン、そしてコンテンツをある程度入れるなら、1000万円を超える可能性も十分あると見積もれます

よく100万円くらいの金額でサイト制作を請け負っている企業が大企業でありますが、様々な作業が複合的に絡み合っているために、高くなってしまうのです。もちろん大企業が作業をするのではなく、他の会社に任せてマージンを多く取っている側面もあります。ですが中小やフリーランスに依頼しても、作業内容によっては100万円を超える場合も有り得ます。

自動車でも軽自動車もあれば1000万円を超えるようなものもあります。機能だけを見ていっても、軽自動車よりも3ナンバーの自動車のほうがエンジンもブレーキも、内装もレベルが高いでしょう。ウェブサイト制作もそれと同じで、軽自動車のようなサイト制作もあれば、レクサスのようなサイトを作る業者もあるのです。

自社が必要な機能やページ、サイトでどういったことを表現したいのか?をまず決めれば、自ずとどういう値段のサイトが必要になるかがわかります。まずはそれらを簡単に紙に書き出していくのがいいでしょう。そうすれば制作する側も楽になるのですから。

まとめ:ウェブに関するコンシェルジュ、やってます

ウェブコンシェルジュサービスはじめました

ウェブコンシェルジュでワンストップのサービス提供を

ホームページ制作をしている業者はピンからキリまでありますが、どれが良い業者でどれが良くない業者か、なかなかわからないものです。SEOの会社にもお金だけ払って成果が出ずに騙された、と言っている人も多くいます。ウェブに詳しくない人、本業でなければ判断が難しいのは当然のことです。

だからこそお客さんに丁寧に、そしてウェブに関する情報をわかりやすく解説する必要性があるのではないでしょうか。単純な営業もいいですが、お客さんのために必要な機能を営業とともに紹介し、不必要な場合にはサイト制作をやめさせる、お客さんのための判断・助言が必要なのではないかと思っています。

そこで今回私はパートナーの方が実際の制作をするにあたって、お客さんとの橋渡しをうまく出来るように「ウェブコンシェルジュ」という名前にサイトを変えたというわけです。コンシェルジュはフランス語なのですが、ホテルでコンシェルジュと言うと「総合世話人」という意味に訳されるそうです。

アウトロードはウェブマーケティングやSEOをメインとしていきますが、ウェブ制作に置いてはウェブコンシェルジュという立場で活動をしていこうと思います。ウェブやITに関する総合世話人・総合窓口という意味で捉えてもらえればと思います。

ゆくゆくはITやウェブに関することを問い合わせていただければ、すべて24時間以内にご回答できる、そんなサービスにしていければと考えています。今はまだウェブ制作において適切なお客さんと業者をつなぐというサービスだと思っていただければ幸いです。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です