ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

ウェブデザイナー・サイト制作会社がまず行うべきSEO対策の基本

ウェブサイト制作だけでなくSEO対策も!
スポンサードリンク

「弊社はウェブサイト制作を行いますが、SEO対策は行っておりません」というサイト制作事業の方、個人事業の方も含めていらっしゃいませんか?確かにウェブデザインやコーディングとSEO対策はちょっと違いますから、出来ないという人も製作会社も多いのかもしれません。

しかし実際にウェブデザイナーん方やサイト制作会社の方々はもっとSEO対策をした方がいいと思います。まずはここだけでもやってもらえればOKというポイントを押さえておきましょう。

SEO三大チェックポイント「タイトル、見出し、画像」

SEO対策を弊社で行う場合、指示書を弊社で作成する場合に最優先でチェックする項目があります。それがタイトル、見出し、画像の3つです。この3店を押さえておけば、SEO対策は半分出来ていると言ってもいいほど重要な項目です。

<title>タグの設定

一つ目がタイトルタグです。ページのタイトルを決めるものですが、これがなければ検索エンジンは検索結果を表示することが出来ません。タイトルタグに書かれている文字列が、原則検索エンジンの結果として反映されます。

ですのでもっとも重要な項目と思ってもらって差し支えありません。ここにしっかりキーワードを入れておくことが重要です。ただし、キーワードは入れすぎては逆効果ですので2つ程度で押さえておきましょう。そしてページごとに必ずタイトルタグの中身は変えていきましょう。

ノーセールスは「営業を加速させるウェブマーケティングマガジン【ノーセールス】」というタイトルですが、このキーワードは「営業」「ウェブマーケティング」の2つになります。2つくらいの類似したキーワードを入れておくことが効果的です。

<h1><h2><h3>タグの設定

二つ目が見出しタグと呼ばれるものです。<h1>~<h6>まで存在していますが、SEO対策で効果があるとされているのは<h3>までとされています。サイト制作をする上でもあまり<h6>まで使う人はいないでしょう。多くて<h4>までではないでしょうか。

こちらもタイトルタグと同様に見出しにキーワードを入れましょう。キーワードも2つ程度まで、できれば1つにしておいたほうがいいでしょう。<h1>がやはり大見出しですから、一番重視されやすいので、こちらにメインのキーワードを持っていくべきです。

見出しタグは使いすぎてはいけませんし、見出しタグを段落タグのように使うのもコーディングとしては間違いですので、やらないようにしましょう。あくまで見出しとして使うのが原則です。

<alt>の設定

3つ目が<img>タグに入れるaltです。コレは画像が表示されない場合に画像を説明するもので、かつ読み上げソフトによって読み上げられる部分です。視覚障害者の方のためにも入れておきますが、ここもSEO対策に重要とされています。

altは原則画像を説明するものですので、ここに適当なキーワードを入れて画像とかけ離れたものを作るのはあまり好ましくありません。画像を説明するという原則から大きく逸脱しないようにaltにキーワードを入れ込みましょう。

キーワードごとの専門ページの作成

詳細な専門ページがあればユーザーにもクライアントにもメリットが

上記3つの基本対策に加えて、ウェブサイト制作会社ならではのSEO対策があります。それが追加のページを作るというものです。ウェブサイトのページ数というのもSEO対策では重要で、1ページよりも10ページあったほうが上位表示されやすい傾向にあります。

ただし、中身がペラペラで全然意味のないページを作ってはいけません。それは逆効果になってしまいます。そこでウェブサイトの追加ページをその業種に特化したものを作ればよいのです。

例えばこちらのサイトは村上農園という豆苗などを栽培・販売している企業です。村上農園の商品一つ一つに細かな説明が書かれており、かつ豆苗を使ったレシピなどが展開されています。

このように商品一つ一つを丁寧に説明するページを作る、その商品をどのように使うか?のサンプル例のページを作るなどしていけば、自ずとSEO対策につながるのです。かつユーザーにとっても商品の詳細がわかることは良いことですし、製作会社としても制作の費用を請求できるわけです。

より細かな情報のページを作っていくことは多くの人にとってハッピーなことなのです。

まとめ:サイト制作だけでは生きていけない時代に

ウェブサイト制作をしている人と話をしていると、いつまでもサイト制作を続けなければいけないことに不安を覚えている方が何人もいます。もちろん食いっぱぐれるわけではないとは思いますが、60歳までサイト制作で食べていくというのは不安を覚えるでしょう。

だからこそ、ここで一つSEO対策も事業の一環として行ってみてはいかがでしょうか。弊社と組んでご提案というパターンでも構いませんが、サイト制作会社としての武器になり、かつユーザーやクライアントにも喜んでもらえるサイトづくりができると思います。

ぜひ今後、ウェブデザイナーの方やウェブサイト制作会社の方には、SEO対策も検討していただきたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です