ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

技術者・表現者をリスペクトすることと顧客第一主義のバランス

営業も製作・開発も互いにリスペクトを
スポンサードリンク

アウトロードではウェブ製作も承っておりますが、私自身はさほど技術が高いというわけではありません。私の周りにいるたくさんの技術者の方々とコラボレーションすることにより、1人や1社では出来ないよりよい提案・サイト制作ができると実感しております。

私自身はお客様第一(もっと言えばクライアントのお客様第一)で考えているわけですが、最新の技術や製作ノウハウというものは最大限リスペクトするようにしています。中には製作についてはほとんど理解をしようとしない人もいるのですが、そういったホームページ製作会社、システム開発会社を利用するのは危険でしょう。

顧客第一の営業マンは正しいか?

営業マンの世界、または経営者の世界では「顧客第一」ということが叫ばれます。お客様のためにというのは間違っていることではありませんし、お客様のためにホームページなりシステムなりを作るのは当然のことです。

しかしここで勘違いしてはいけません。実は「顧客第一」は必ずしも正しいとは言えないのです。もっと細かくいえばお客さんのいうことが100%正しいというわけではないということです。例えばホームページ製作を求めているお客様にホームページを作ることも間違っている場合もあります。

そもそもお客様はウェブに関してよくご存知ではない方がほとんどでしょう。よく知っているんであれば、ご自身で作っているでしょう。わざわざ外部に依頼するということはウェブに詳しくないから、サイトを作る事ができないから依頼します。さらに言えばウェブサイトがもたらす影響についてもご存知ない場合も多々あります。

ウェブサイトを作るということはその奥に何らかのニーズがあります。よく言われている「お客様はドリルではなく、ドリルで空ける穴が欲しいのだ」という話です。つまりウェブサイトが欲しいのではなく、ウェブサイトで何らかの達成したいことがあるわけです。ここを探らなければいけません。

顧客自身はウェブサイトが欲しいということしか言いませんが、そこから「ウェブサイトでやりたいこと」を聞き出す必要があります。集客ならウェブサイトよりもいい方法があるかもしれませんし、ウェブサイトを作るにしてもサイトの構成やデザインが全く変わるでしょう。

ですのでまず明らかにするのはウェブサイトを作って何をしたいの?という点ではないかと思います。

顧客と製作者の間で両者の手を握ること

チームワークこそ大切です

チームみんなの意識を統一することが重要です。

さてここで営業マンであれば取ってきた案件をそのまま製作者・開発者に話して終わりということになるでしょうが、それでは案件があまり上手に進まなくなってしまいます。なぜなら製作・開発側の考え方や都合というものもあるからです。

例えば営業が100万円で取ってきた仕事が実は精査していくと、人件費だけでも100万円を超えて150万円かかってしまうということがあります。これは営業が製作や開発のことをよくわかっていない事によるミスです。

かくいう私も何社かの方々、フリーランスの方と一緒にお仕事をすることが多いのですが、その際には金額はかなりバラバラです。安くやってくれる人もいれば、割引・値下げは受け付けないという人もいます。そもそも基準がないですから、バラバラの金額でやっています。

営業はもし顧客第一であれば「顧客がこう望んでいるから」ということでそれをそのまま製作・開発につなげようとするかもしれません。顧客のいうことを100%満たそうとするでしょう。しかしそれではたいてい製作・開発の設計段階から歪が出やすくなります。

ですので必ず顧客第一と言いながらも、製作側のことも配慮しなければいけません。製作者はどう考えるか?開発の時にはどのくらい工数がかかるか?などです。

一番早いのは開発・製作者に聞くこと

ただ私も営業・マーケティング系の人間ですから、開発や製作のことまではっきりと理解しているわけではありません。また人によって作業スピードや金額も違うわけで、それをすべて把握しているわけでもありません。

ですので一番手っ取り早い方法であり、かつ失敗しない方法は開発・製作の担当者に聞くことです。初回の打ち合わせやキックオフミーティングでは絶対に同席してもらうようにすることをおすすめします。そうすれば金額や納期でのズレがなくなります。

企業が大きくなると営業と開発・製作の間に溝が出来たりしますが、これも開発・製作の担当者や責任者を巻き込んで「どのくらいでできる」というふうにはっきりと明言させることができれば、一丸となってプロジェクトに取り組めるでしょう。

これが出来ないのが代理店の案件です。代理店経由でやってくる案件は顧客と直接契約させると代理店側に旨味がないので、ほぼ会えません。代理店の方がしっかりと顧客の意図を把握しており、かつ製作・開発に関して理解を示してくれたならば問題ないですが、多くは顧客の話を丸投げするだけで製作・開発側への負担が大きくなってしまいます。

【「ザックリでいいので」の要求の高さ】デザイナーにしかわからない苦悩14選というまとめがSNS内で共有されていましたが、まさにこういったことが起こってしまうのは、代理店経由で製作・開発の都合を考えないで顧客第一になってしまうと起こることではないでしょうか。

まとめ:営業は製作を、製作者は営業のリスペクトを

プロジェクト後にバンザイしましょう

気持よくプロジェクト・仕事を終えたいですよね。

もちろんですが製作者側も営業や顧客側に対してリスペクトをする必要はあります。自分たちの都合だけで全て動くわけではありませんから営業やフロントに立つ人にも苦労がある、都合があるということをわかって敬意を払わなければいけません。

このエントリーは「僕が技術にこだわる理由」を見て思いました。私は営業側の人間なので技術へのこだわりというのはあまりありません。しかし最新情報や必要な情報は広く浅く知るようにしています。

もし営業でそのまま丸投げをするようであれば、それは顧客第一主義でもなんでもありません。顧客のためを思うのであれば、製作者や開発側についても理解をして円滑にプロジェクトを回していく必要があるのではないでしょうか。ひいては開発・製作への理解をすることこそ、顧客第一主義に繋がるのではないか?そう思います。

 

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です