ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

コンテンツSEOは質より量を重視すべき理由

自分を知ることが大事
スポンサードリンク

コンテンツSEOの重要な要素として「質」「量」「関連性」というものがあります。三つにまとめていますが、他の方は三つ以上あるという人もいるでしょうがだいたい似ていると考えていいでしょう。

最近気になるのはコンテンツSEOは質がもっとも重要だという話をよく見かけます。確かに質の高い記事を出すというのは重要でありSEO効果も高いと思います。かつGoogleもコンテンツの質が重要と言っています。しかし私はアクセスを増やしたいならまずは質より量を推薦しています。

量が増えて成功した事例

量が増えて成功した事例というのはよく聞きます。それこそ質の高い記事を書いて、それでアクセスをたくさん集めた、コンテンツSEOを成功させたという話以上に聞きます。セミナーでお話しを聞いた例、交流会やイベントで聞いた例などをご紹介します。

CPIスタッフブログ

CPIスタッフブログレンタルサーバーのCPIスタッフブログ

KDDIウェブコミュニケーションズの阿部正幸さんが運営しているブログです。こちらのブログはコンテンツSEOとして、ブログからの流入を増やしてそこからコンバージョンを狙っています。コンバージョンはレンタルサーバーの契約で、月にブログ経由からの契約も増えているそうです。

ただ、セミナーでお話しを聞く限り最初からアクセスがバンバンあって、そこからコンバージョンにつながったというわけではないようです。ある一定の記事数を超えてから、一気にSEO効果が上がったというような話をされていました。もちろん質の高い記事が並んでいるというのは間違いないすが、質よりも量の方が重要だったのではないか?と私は感じています。

ノマド的節約術

ノマド的節約術ノマド的節約術 – 支出を減らし、貯金を増やすテクニック紹介ブログ

こちらはアフィリエイト業界では知らない人はいないほど、有名サイトになったノマド的節約術です。このサイトを運用している松本さんも、最初から質の高い記事をバンバン連発してたくさんのアクセスを集めていたわけではありません。あるところから一気にGunosyやはてなブックマークに取り上げられるようになったのです。

そこまでは記事数が必要だったわけです。記事数が増えてきたことがきっかけとなって多くの外部サイトに取り上げられるようになったというお話しを聞いています。もちろん質の高い記事を書いていますし、過去記事の質を上げるためにリライトも重要だというお話しは納得できます。

質の高い記事を書けるか?

上記二つの例は記事を増やしていったこと、つまり量を重視したコンテンツSEOが効果を表しているということの証左だと思います。しかしもちろん量ではなく質を重視して、コンテンツSEOを行って成功している事例もあります。それがSEO業界では有名なウェブライダーさんの沈黙のWebマーケティングでしょう

沈黙のWebマーケティング

まずリンク先のコンテンツを読んでもらいたいのですが、まぁよく出来ています。キャラ設定からストーリー、絵や文章、背景やウェブデザインも本当に面白いです。私も参考によく読んでいますが、これは質が高いと評価されて当然でしょう。第三話を簡単に文字数だけカウントしてみたら14000文字ほどありました。

個人・中小企業がボーンを真似できるのか?

質の高い記事を書くことがコンテンツSEOに重要というのはその通りで、ウェブライダーさんがそれを実践しているので間違いではなく正確な情報であると思われます。しかしではみなさんにお聞きしますが、同じようなコンテンツが作れるでしょうか?これだけのイラストやキャラ、ストーリーにウェブデザインといろいろと作れるだけのリソースがありますか?

ほとんどの個人や中小企業にそこまでのリソースがあるなんて、まずありえないでしょう。個人でサイト運営をしても中小企業の社員の方が運営しているにしても、ここまでのことができる人材はほとんどいないかと思います。では外注しましょうといっても、これほどのコンテンツを作るとなると月に数十万円はかかるでしょう。

その外注費を出せる企業や個人がどれだけいるでしょうか?ほとんどの企業はそのような予算を割けないと思われます。人もいない、お金もない、時間もない…そんな人達が質の高いコンテンツを目指していきなり作る、というのは非常にハードルが高いのです。私が質よりも量を推薦しているのはまさにここなのです。

つまり社内リソースを考えた場合、質の高いコンテンツを作るよりも絶対に量を増やすほうがハードルが低いというわけです。ボーンほどのコンテンツを作るよりも、毎日ちょっとした事業に関する豆知識を800文字くらいで書いていくほうが、圧倒的にストレスも少ないし現実的ではないでしょうか。

量を増やして質を改善するのがベター

量を増やす事こそコンテンツSEOで一番最初に行うことであり、それによって成功している事例も2つ紹介しています。ですので量を増やすという方向性も質を増やすという方向性もSEOという点から見て間違いではありません。後は自分が出来るだけのスキルが有るか、お金があるか、時間があるかという問題になります。

もし量を増やしてコンテンツSEOを行っていこうとするのであれば、量をある程度増やした後はリライトをしていくことをおすすめします。量を増やしていくとアクセス解析でユーザーが多く流入している、長く滞在している、離脱率の低いコンテンツというのがわかります。またその逆に離脱率の高いコンテンツや直帰率の高いコンテンツもわかります。

そこで過去に書いた記事をリライトしていくことで、離脱率を下げたり直帰率を下げることも可能です。過去記事で文章が短かったり、わかりにくかったり、画像が無かったり、いろいろな原因が浮き出てくると思います。そこをリライトすることでわかりやすく、そしてユーザーに響くものに変えていくことで、改善出来るのです。

もちろんリソースのあるところは別のやり方が出来ますから、別の方法を使えばいいでしょう。しかしもし人もスキルもお金も時間もないというのであれば「記事の量を増やす⇒記事をリライトして質を上げていく」というコンビネーションが現実的であり、効果があると思います。アウトロードでも同じようなことをやっています。

量も質も重要、優先順位付けをするだけ

結論としては結局質も重要であり量も重要なのです。しかしどちらを優先するのか?ということなのです。質の高い記事を書くよりも最初は質が低くても徐々に高めていくという方法もあります。敵を知り己を知れば百戦危うからずと言います。ネットに溢れるSEOの知識をつけるだけではダメなのです。

ベストの方法ではなく自社にとってベターな方法を見つける必要があるのではないでしょうか

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です