ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

トリプルメディアを上手に利用し、最大の効果をあげるためには

トリプルメディアとは何か?
スポンサードリンク

個人から大手企業まで、最近では多くのメディアを持つのが当たり前になりつつあります。インターネット上ではトリプルメディアという考え方がありますが、その中でもアーンドメディアとオウンドメディアには注目が集まっています。

ただ、このオウンドメディアやアーンドメディアの使い方ですが成功している大企業とあまり成功していない・うまくいっていないという企業とでは差があります。成功している企業はどのような運用を行っているのでしょうか。

トリプルメディアとは?

まずトリプルメディアとは何か?ですが、これはウェブマーケティング界隈で言われるようになった、新しい概念です。FacebookやTwitterなどのSNSが出てきたこと、そしてオウンドメディアなどが台頭してきたことにより、トリプルメディアと呼ばれるようになりました。

  • SNSなどのソーシャルメディア(アーンドメディア)
  • 情報サイトなどのオウンドメディア
  • ぐるなびなどのペイドメディア

この3つを合わせてトリプルメディアと呼ばれるようになりました。このトリプルメディアをうまく使いこなすこと、バランスよく使うことがウェブマーケティングで重要とされているのです。

アーンドメディア・オウンドメディアのKPIは?

ゴールをどこに設定している?

KPI、ゴールは売上アップではありません。

さて、これらトリプルメディアをうまく利用している事例は大手ではいくつか存在しますが、どうしても最初に間違ってしまうことがあります。それが「全てのメディア運営の成果は売上に直接つなげること」という誤解です。メディア運営をすることで成果が売り上げにつながる、直結すると考えてしまいがちです。

確かに一時期多かったSNSの専門家やFacebookコンサルタントと言った人たちが「SNSで儲けられる!」であるとか「Facebookで顧客を捕まえる!」といったことを盛んに話しています。小規模な事業では確かにそういうことも可能ではありますが、実際に成功しているという事例を見るとあまり当てはまりません。

例えばJALの場合はFacebookをうまく活用していますが、JALのフェイスブックの投稿を見て「あ、飛行機に乗ろう」と考える人はいないでしょう。あくまでJALに関する情報、そしていろいろな働いているスタッフの紹介などを通じて、企業のブランディングを行っているのです。

実際に広報をやっている方のセミナーを聞きましたが、やはり「エンゲージメントを高めることがKPI」というようにおっしゃっていました。つまり目的は売上を上げるためにやっているのではなく「ファンを作ること」であり「より自社を好きになってもらう」ためにFacebookなどのアーンドメディアを使っているということです。

オウンドメディアも売上が目的ではない

JALの例を出しましたが、オウンドメディアを運営している企業は他にも多数存在します。成功例は幾つもありますが、中小・ベンチャー企業では情報系サイトが主流であり、大手になると動画を使ったものが多くなっています。過去にオウンドメディアを紹介している記事を参考にしてみてください。

オウンドメディアの場合はオウンドメディアを使ってファンを増やす、または見込顧客を増やすといった「売上を上げる前段階」もしくは「購買後のフォロー」に利用していると考えられます。決してオウンドメディアは最近になって非常に流行していますが、直接的で即効性のある売上を作りたい場合には向かないでしょう。

直接的な売上を上げられる可能性は?

売上を上げることはトリプルメディアではできない?

ペイドメディアは売上に直結します。

最初に紹介したトリプルメディアの内、アーンドメディアとオウンドメディアについては直接的な売上をすぐにあげたい人には向かないと説明しました。ではトリプルメディアはエンゲージメントを高めるだけで、即効性のある売上を上げるためには向かないのか?というと、そうではありません。

即効性のある直接的に売上を上げたいのであれば、ペイドメディアを使えばいいのです。ペイドメディアは飲食店関係であればぐるなびやホットペッパー、採用であればマイナビ・リクナビ、クーポンサイトなどもあります。またメディアと言っていいか微妙な立ち位置ですが、検索連動型広告などもあります。

こういったペイドメディアは売上に直結します。ぐるなびにお金を出して広告を打てば、それだけ反響はありますし、クーポンサイトもクーポンを使うことで新規顧客を呼び寄せる事ができるでしょう。トリプルメディアの内、直接的な売上を上げるためにはペイドメディア一択、と言っていいと思います。

ペイドメディアの効果が左右される事例

ここで一つペイドメディアについて注意が必要です。というよりも、広告の本質と言っていいかもしれませんが使う際に気をつけたほうがいいことがあります。それはウェブ広告・ペイドメディア単体で使うと効果が落ちる、ということです。

一つ事例を出しましょう。例えば新卒の社員を採用しようと計画しているとします。この場合、ペイドメディアであるリクナビやマイナビを使う事が多いと思いますた、リクナビやマイナビ単体よりも、外部にちゃんとした採用ページや採用サイトを持っておくことで、効果が高くなるというわけです。

もしあなたが就職活動生だったとしましょう。就職活動をするときにリクナビに掲載されている企業をエントリーした場合、その企業の公式サイトも見るのではないでしょうか?公式サイトを見て、どういったビジネスをどこでやっているのか、どういった社員がいるかをチェックするでしょう。

採用だけではありません。食べログでチェックをした店も、公式サイトがあればそちらをチェックする人は多いですし、不動産情報サイトで調べた不動産仲介業者をサイトでチェックするという人も少なくありません。そして公式サイトに情報が充実していると、それでユーザーは安心するのです。

というように、ペイドメディア単体でお金をかけたとしても、その受け皿になる公式サイトがなければ効果が減少してしまうのです。ペイドメディアを使うときにはこの点を注意して使うようにしましょう。

まとめ:トリプルメディアはバランスが重要

トリプルメディアはバランスが重要

バランスよく運営すると、最大の効果が発揮されます。

以上、トリプルメディアの利用方法やその目的、成功事例などを取り上げてきましたが、まとめとして言えることは「トリプルメディアはバランスが重要」ということです。オウンドメディアやアーンドメディアだけを使っていても、売上を上げるには時間がかかります。かといってペイドメディアだけを使っていればいいか?というとそうではありません。

毛利元就の逸話で三本の矢というものがあります。一つしかなければ矢は簡単に折れるけれども、三本ならば折れにくいという話ですが、トリプルメディアも同じでしょう。一つだけのメディアに頼っていてはダメで、三つのメディアをバランスよく見ていく必要があるのです。

その分担当者の負荷は大きくなっていくかと思いますので、人を増やしたりアウトソーシングするなどの施策が必要になってくるのではないでしょうか。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です