ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

コンテンツライティングのコツ~その2~

タイをとってるからタイトル
スポンサードリンク

タイトル、タイトル、そしてタイトル!

タイをとってるからタイトル

コピーライティングの世界で最も重要なものとされているのはタイトルです。どのようなタイトルにするか、それだけですべてが決まるといっても過言ではありません。ひねりすぎたタイトルは良くないとされているのですがこれはウェブライティングの世界でも同じです。ひねりすぎるよりも直球なタイトルのほうがいいとされています。

タイトルの参考になるのは人気のブログ記事などでしょう。どういったタイトルをつけているかをよく観察してみると、読みたくなるようなタイトルが付けられています。「~~してはいけない!」といった否定で相手の心を掴んだり、「○○も愛用した!」というような有名人の名前を使うなど、あの手この手でタイトルの工夫をしています。

ウェブライティングでは30文字前後のタイトルがいいとされており、中身の文章以上に重要であると思っていてください。

必ず段落に分けて、段落のタイトルも重要!

コーディング、つまりホームページのコードの中でSEOで重要とされているのはまずはタイトル、そして次に段落のタイトルなのです。段落の無いダラダラとした文章よりも、段落を設けた文章のほうが圧倒的にSEO対策に有利な文章であるとされています。このページのように、段落を設けて文章を書くようにすると、検索エンジンとしても重要なものは何かがわかります。加えて読むユーザーにとっても読みやすいと言えます。

段落のタイトルもページのタイトルと同じくらい重要です。ここにキーワードを入れるようにすると、SEO対策にも有利です。

ライティングの仕事を1万円ほどやってみる

女性がパソコンを操作する

もし「ウェブライティングの良し悪しがよくわからない」というのであれば、一度アフィリエイトブログなどを作っている人がライターを募集していますので、そこに募集して書かせてもらってはいかがでしょうか。もちろん報酬ももらえますし、ライティングのコツなどをつかむこともできるでしょう。

文章はたくさん書いてコツを掴むしか方法はありません。ブログを書くのもSEO対策を意識した文章を書くのであれば、ライティングの仕事を1万円ほどやってみるのも効果的と言えると思います。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。