ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

コンテンツライティングのコツ~その1~

バツをする人
スポンサードリンク

ライティングは適当ではダメ!

バツをする人

ホームページで重要なのはなんといっても文章です。お客さんに、そしてホームページを見てもらっているユーザーに伝わりやすい文章を書かなければなりません。しかしその文章が必ずしも検索エンジンにとって読みやすいか?というと、それは違います。小説のような読みにくい書き方は読者を引き付けるかもしれませんが、あえてそのような小説のような言葉で検索をする人はいないのです。

「自分にとって読みやすい文章」と「相手にとって読みやすい」文章というのは違います。ウェブライティングで行うべきは、相手にとって読みやすい文章です。それが自然とSEO対策にもなりうるものです。自然で現代的なライティングを心がけましょう。

スパム扱いされやすい文章とは

一時期ワードサラダというコンピューターで自動生成された文章で作られたウェブサイトやブログが多く存在していました。コンピューターで自動生成できるので手間もいらず、キーワードだけをやたらめったら入れることによって被リンクの効果を上げるというSEO対策でした。今ではブラックハットに属するものになっていますが、このようによくよく読んでみると意味がわからないような文章、そしてキーワードが多すぎる文章というのは検索エンジンがペナルティを与える可能性があります。

実はGoogleの検索というのはコンピューターでスパム判定をしている以外にも、人間の目で見てウェブサイトにペナルティを与える作業を行なっています。すなわちワードサラダのような支離滅裂な文章でキーワードだけたくさん入っているようなサイトは、人間の目で見て排除されてしまうのです。検索エンジンと人間の目の両方にかなうライティングでなければ、スパムになりうるのです。

キーワードは全体の5%を目安に

seo8-2

「じゃあ一体どういう文章をかけばいいの?」という人も多いと思いますが、ウェブライティングで答えというのはありません。これはライターの世界でも同じ事が言われていて、最も売上や読者が惹きつけられる広告の文章はテストを繰り返さなければ分からない、とされているのです。ウェブライティングも同じで、最初に書いた文章から何度もテストをするしかありません。

その中でもキーワードは全体の5%程度を目安にするのがいいでしょう。おおよそではありますが、5%を目安にすればスパムと判定されることも少ないでしょうし、少なすぎるということもありません。これを抑えた上で効果的な文章を何度もテストして書いてみましょう。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。