ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

手軽にできる簡単なSEO内部対策

みんなで考える
スポンサードリンク

文章の見直し

seo5-1

元々インターネットの歴史というのはパソコン通信から来ているのですが、その当時は文字のやり取りだけでした。それから画像やデザイン、動画や音楽などまでインターネット上で表現できるようになったわけです。そんな今現在でも昔からの系譜を引き継いでいるのか、文章は非常に重要なのです。内部対策のための文章として重要なのはキーワードをいかに埋め込むかでしょう。

キーワードを機械的に埋め込むのではなく、あくまで自然に入れ込んでいくのです。誰に見られているか?ということを意識して書かなければならないのですが、紙媒体の文章と違って、ユーザーに加えて検索エンジンからも見られているということを考えなければなりません。両者にとって読みやすい文章に書き換えましょう。

 

タイトルと見出しと概要の見直し

こちらは少し高度かもしれませんが、ホームページ作成を外部に依頼した場合でも簡単に改良できる点を3つ上げました。それはタイトル、見出し、概要の3点です。タイトルは<title>というタグに囲まれた部分でこれがページ名になります。このページ名は30字前後でキーワードを入れて作るのがベストです。よく自社名だけを入れているサイトもありますが、簡単な説明も入れたほうがSEO対策には効果があります。

同じように<h1><h2>といったタグの中身も自社サイト名だけではなく、キーワードを上手く入れるようにしましょう。こういったタグに含まれている単語を、検索エンジンは重要視するからです。

最後の概要は<description>というタグに「このページはどういうものです」といったことを説明を入れます。「大阪を中心とした格安の印刷なら○○へ!最速受注から納品まで3日で対応します!」のような説明を書くことで、ユーザーは「このページはこういうものなのか」というのを検索時にわかってもらう事ができ、Googleも重要視している部分です。

 

コンテンツの充実

seo5-2

今一番SEO業界で言われているのが「いかに面白い、独自のコンテンツを作るか」という点です。単純に会社概要などを書いたページではなく、画像や文字をたくさん使って「弊社の部品はこういうところに使われています!」であるとか「お客様の声にすぐにお応えします!」といった、独自のページを作ることが求められています。

これは非常に難しいですが、自社の強みや弱み、競争相手について調べて整理整頓するのにも役立ちますので、企業戦略から考えなおすいいきっかけになるでしょう。実際に魅力的なコンテンツを作るのは難しいですが、もっとも信用性の高いSEO内部対策だと言えます。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。