ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

NPO法人必見!世界的なCRM「セールスフォース」が無償で使える!

セールスフォースをNPO法人も導入を
スポンサードリンク

NPO法人アクセス様とは今でも広告運用やホームページの活用などでお話しをさせて頂いているわけですが、前回ウェブサイトについての話を知人の製作会社の方と一緒にしていた時に教えてもらいました。

なんとセールスフォースがNPOなら無料で利用できるというのです。もちろん登録や審査などは必要になるかと思いますが、これはかなり画期的なことだと思います。CRMがNPOの世界でも必須になる時代がやってきたということでしょう。

CRMとは何か?何のために必要なのか?

なかなかNPO関係の方々には馴染みが薄いかもしれませんが、最近だとECサイト業界ではやっとCRMソフトが使いやすくなってきたこともあり、個人や中小企業も使うようになってきました。

CRMとはcustomer relationship managementの略称です。簡単にいえば顧客管理のことだと思ってもらえればいいでしょう。一般的な顧客管理よりも一歩進んだ、顧客の属性や履歴などを参考にして、一人ひとりの顧客にきめ細かいアプローチをすることができるのがCRMです。

このCRMをクラウドシステムやソフトを使って行うことができる時代になりました。基本的にはセールスフォースや個人向けのzohoなどはクラウドシステムですので、パソコンに何らかのソフトをインストールする必要がありません。どこでもアカウントとパスワードがあれば使えて、非常に便利です。

CRMシステムできめ細かい顧客管理を

細かく管理することが可能なCRM

CRMシステムのいいところはきめ細かい顧客管理ができて、アプローチ方法もそれぞれ変えることができるということです。

例をあげます。アパレルのネットショップを行っている会社で3人の顧客がいます。Aさん、Bさん、Cさんの3人はそれぞれかなり買い物の仕方や属性が違います。

Aさんは初めてネットショップを使ってくれた方で新規顧客です。買物金額は5000円でした。Bさんはリピーターで何度も購入してくれています。今回も15000円の買い物をしてくれました。Cさんは小物を1000円だけ買い物をしてくれましたが、それは1年前のことです。それ以来買い物をしてくれていません。

以前まではこの3人に対して、同じようなメールを送っていました。しかしそれぞれの属性も違えば事情も違うし、狙いも変わります。新規顧客ならリピーターになってくれるように、リピーターは何度もリピートしてもらえるように、1年買い物をしてくれていない人は買い物を久しぶりにしようと思ってもらえるようにアプローチしないといけません。

CRMソフトではそういった細かな設定が可能なのです。新規顧客には「次の購入は送料無料です!」というようなサービスでリピートを促します。リピーターなら「あなただけの特別フェア」のように特別な商品を特別な価格で販売しているという特別感を演出します。1年買い物をしない休眠顧客ならアプローチをかえて商品を紹介するでしょう。

これをメールやSNS、電話などで細かくリストにわけて行うことが出来ます。とりわけCRMシステムは一斉メールではなく、細かく属性でわけてメールを送ることで売上アップを見込めるのです。これはECサイトの事例ですがBtoBでもNPOでも狙いは「それぞれの顧客に応じて最適なアプローチを行うこと」です。

セールスフォースが使えると何ができるか?

では世界で最も有名なCRMシステムであるセールスフォースを使うとどのようなことができるのでしょうか。セールスフォースの「Technology:非営利団体への製品寄贈・割引 ( Power of Us 製品プログラム )」Enterprise Editionの10ライセンスを提供する、と書いてあります。他にも価格の割引などがあります。

Enterprise Editionの説明を見てみると月に1ユーザー当たり15000円費用がかかります。これが10ライセンス分無償提供されるということは、最大で年間180万円ものサービスを使うことができるということになります。

使えるのは一斉メールも売上タスクや商談のトラッキング、社内SNSや承認のワークフローなども使えるのです。すべてのサービスを使いこなすのは難しいかもしれませんが、とりあえず顧客ごとにリストを作っておくだけでも、いいかもしれません(例えば寄付者を寄付金額によってクラスごとに分けるなど)。

まとめ:NPO法人の方はぜひ利用の検討を

NPO法人もCRMの導入検討を

なかなかCRMを上手に使いこなすというのは難しいですし、まだまだ民間企業でもCRMソフトをうまく使いこなして、顧客管理ができているのは大手が中心です。中小企業も顧客もそこまでできていないのが現状です。ですのでNPO法人もなかなかそこまでする余裕が無い所も多いでしょう。

しかし折角の機会ですし、一斉メールや顧客のプロフィールを作ってリスト化したり、社内SNSでやりとりをするだけでも、顧客管理や社内マネジメントがやりやすくなるかと思います。一度検討してみてはいかがでしょうか。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です