ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

youtubeを集客や宣伝・アクセスアップに使う有効性について

テレビでも動画は引きが強いのがわかる
スポンサードリンク

SEO業界で注目され始めた動画

テレビでも動画は引きが強いのがわかる

最近、少しずつですが集客であるとか広告宣伝に「動画を使おう」という流れが出てき始めています。これは少し前からなのですが、SEO業界などでも少しずつ注目され始めています。

動画は画像以上にリッチコンテンツですから、コンテンツそのものとしては非常に有効なのはご存知のとおりです。テレビも衰退すると言われていながら、まだまだネット以上に影響力が強いのは、動画というものが優れていることを表しているという証拠です。

動画で集客できるのか?

では、そもそも動画は集客できるのか?という点です。動画を撮影したけれども、まったく自社の取り合わせ件数が増えなかった、売上アップにつながらなかったということにならないようにしたいものです。

そこで重要なのはyoutubeにアップロードすることです。実は最近Googleの方針なのか、youtubeの動画をかなり上位表示するようになっています。例えば何らかの音楽のCDを買おうと思ってタイトルをGoogle検索すると、かなり高い位置(場合によってはトップ)にその音楽CDの動画・MVが出てきます。歌詞やamazon・楽天のCD販売ページよりもほぼ上位につけるのです。

というようにSEO的にもいいのです。自分たちの動画にキーワードを上手くはめ込めば、自社ホームページがたとえ下位であっても動画ページが上位に来るということがありえます。

まずは自分たちで簡単な動画作成から

column11

「そうは言っても動画なんて作ったことない」という会社も多いと思いますが、まずは簡単な1分ほどの動画を作ってみるといいのではないかと思います。1分ほどの動画であれば、文字と写真を組合わせてウインドウズムービーメーカーを使うという方法で十分です。あとは上位表示させたいキーワードをうまくはめ込んで、タグ付けします。そうすると自社の紹介動画が上位表示されたんらば、アクセスアップと集客ができる可能性が出てきます。

もちろん必ず成功するわけではありませんが、ひとつの方法としては検討されてもいいのではないかと思います。外注しても最近は安いですし、自社で作る事もできますし、昔よりはハードルが下がっているのではないかと思います。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。