ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

リスティング代行業者はどこまでやってくれるの?

大根
スポンサードリンク

リスティング広告代行業者とは

大根

非常に面白いブログ、役に立つ記事を見つけましたのでご紹介します。AdWordsコンバージョン3倍!費用を3分の1に改善させた運用法という記事ですが、リスティング広告をやってみよう、リスティング広告の効果を最大化したいと考えている人には非常に使える記事です。

記事の内容は簡単にいえば業者にリスティング広告の運用代行をお願いしていたんだけど、自分で勉強して自分でやったほうが効果が出たという話です。リスティング広告はまだまだ個人で使う人が少ないので代行をお願いする事が多いでしょう。しかし十分個人でもできるものですので、少し勉強をしてこの記事を書かれた方のようにコンバージョンを大きくすることも可能でしょう。

さて、そんなリスティング広告とは検索連動型広告を始めとしたネット広告のことを指しますが、リスティング広告を運用代行してくれる業者というのは最初の設定から1ヶ月毎のクリック率やコンバージョン率などの解析までやってくれる会社のことです。ウェブ系の広告代理店やウェブ制作会社などが請け負っている事が多いです。

代行業者はいくらで何をしてくれる?

しかしリスティング広告代行業者にも幅があります。ブログを書かれた人はコンバージョンを最適化し、より売上に貢献する広告を出したいと考えていたようですが、お願いしていた代行業者はそこまでしてくれなかったようですね。それもそのはず、広告出稿の費用がおよそ4万円強ですから、そこまでのことができる業者はほとんどいないと思います。

一般的にリスティング広告の運用代行の手数料というのは20%が相場と言われています。例えば10万円のリスティング広告の運用をお願いしたら、10万円の20%である2万円が手数料になります。ですので合計12万円の費用が必要になります。今回のブログを書かれた方は4万円強ですから8~9,000円の手数料ということになります。

決して個人や中小零細企業にとってみれば安い金額ではありませんが、1万円に満たない金額では解析などもほとんどやってもらえないでしょう。仮に時給3000円計算であったとしても、3時間程度しか作業時間が取れません。3000円でも安い方で、5千円や8千円人が一人動くのに使われる会社も当たり前に存在します。

リスティング代行は結果に責任を持たない場合も

費用がかかります。

つまり上記で紹介している記事のリスティング広告の代行をしている業者は別に悪くないのです。もらった手数料分だけの仕事をしている、といえます。仮にこれが手数料が5万円や10万円という金額なら、解析も十分できるし改善提案をすることもできるでしょう。リスティング代行に支払う手数料が少なすぎると、単純に広告を出稿する以上のことはやってもらえないと思っていたほうがいいでしょう。

リスティング代行には2つあると思ってくださいひとつは業者が単純にリスティング広告を出稿するのを代行するだけの場合です。この場合、特に分析などをして改善提案もしないし、ディスプレイネットワークや動画広告なども出稿してもらえない可能性が高いです。もう一つがコンサルティング付きの代行業者です。こちらは単純に設定や広告出稿だけではなく、改善提案やその結果に対しても責任を持つサービスです。

もちろん多くの人は結果にも責任をもってもらいたいと思うでしょうが、それにはそれなりの費用が発生します。例えばN社という企業では初期費用に5万円、そして最低20万円からの広告出稿が原則になっています。またL社では最初に前払金を広告出稿と同じだけ預り金として受け取るような方法をとっており、手数料は20%です。それだけたくさんの報酬を支払って初めて分析・改善提案・コンサルティングを行ってもらえるのです。

数万円の少額で行う場合には自身で勉強をして設定をしたほうが有効でしょう。それは上記の紹介したブログでも証明されています。アウトロードではリスティング広告についての指導なども行っておりますが、近々初心者セミナーを行おうかと画策中です。リスティング広告は1日100円からできますので、ぜひ少額でやりたいという方は是非参加してみてください。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。