ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

外部リンク提供会社は全て悪質なSEO会社と言えるのか

悪質なSEO業者って一体?
スポンサードリンク

最近はそんなに聞かなくなってきましたが、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOがあり、ブラックハットな方法の典型的な事例として、被リンクを提供する会社が上げられていました。一昔前までは被リンクも効果的でしたが、最近では被リンクの価値は下がりつつあります。

ただ、こういった被リンクを提供するというSEO会社と言うのはすべて悪質なSEO会社である、といえるのでしょうか。方法としてはブラックハットであると言われますが、必ずしもすべての被リンクの提供がブラックハットとも言えないのではないでしょうか。

ブラックハットSEOの何が問題か

ブラックハットSEOってなんで問題なの?

ブラックハットSEOの問題点と悪質なSEO業者の問題点は?

ブラックハットSEOの問題点とは一体何でしょうか?ブラックハットはホワイトハットと違って、検索エンジンのアルゴリズムの隙を突く形で上位表示させる方法、とされています。それが昔ならキーワードをとりあえず詰め込んだり、被リンク用のサイトをたくさん作ってリンクを増やすという方法だったのです。

現在でも被リンクを買うという行為はGoogleはペナルティ対象にしているわけですが、この行為自体は違法でもなんでもありませんし、実際に有料リンクを購入して上位表示させたという事例も数件ですが聞いたことがあります。

やり方としてはアウトロードでは有料リンクに関してはおすすめしておりませんが、それ以上にブラックハットSEOの業者が問題なのは、この有料リンクを貼るということがペナルティにつながるという説明責任を果たしていないという点です。もっと言えば「上位表示する」と曖昧な嘘を言っている点です。

例えばですがあなたが有料リンクの業者から「上位表示する可能性もあるけれども、Googleでペナルティになる可能性も非常に高い。だからブラックハットSEOと呼ばれている方法なのです」と説明をされたらどうでしょう?おそらく契約したいと思う人は少ないでしょう。悪質な業者は「絶対上がりますよ!」と信用させて契約させます。

つまり説明責任を果たさない、そして嘘をつくという点が最も悪質な業者の問題点なのです。後述しますが、これはブラックハットSEOを使う業者だけでなく、ホワイトハットSEOを行う業者であっても、同じなのです。

良質な記事やサイトの販売はどうなる?

外部リンク提供に近いとアウト?

サテライトサイトやオウンドメディアへの記事提供はブラックハット?

もう一つ、被リンクに関しては記事制作だけを請け負う場合があります。私も記事コンテンツを代行することはありますが、この場合はどうでしょうか?

例えばクライアントが持っているリンク用のサテライトサイトに記事を提供してほしい、と言われて記事を書いた場合はどうでしょうか?直接リンクを販売しているわけではありませんが、クライアントの外部リンク用サイトの記事を書くことで、間接的に被リンクを販売していると言えなくもありません。

また、最近流行りの質の高いオウンドメディアを作ってそこからクライアントにリンクを貼るという場合はどうでしょうか?ほぼ有料リンクに近いですが、SNSでもシェアされて広がるくらい、質の高い記事を提供しているオウンドメディアであれば、どうでしょうか?しかもテーマがクライアントと同じとしたら?

有料リンクの中でも海外の掲示板や中身の無いたくさんのブログからリンクされている、というようなものはブラックハットSEOに当てはまると思います。しかし記事を提供する、そして質の高いオウンドメディアを作ってリンクを貼ると言った方法は被リンクを提供していると言っても、ブラックハットSEOとは言えないのではないでしょうか。

ホワイトハットSEOの業者が悪質な場合も

仮面の下は悪質SEO業者かもしれません

ホワイトハットでも仮面の下は悪質業者かも…

ブラックハットSEOについて書いてきましたが、ホワイトハットSEOを行っている企業はすべて健全なのか?というとそうではありません。ここで言うホワイトハットSEOは検索エンジンのアルゴリズムに従って、高い評価を得られるように改善する方法を指します。具体的にはHTMLのチューニングやインデックス数の増加などでしょう。

一見するとホワイトハットSEOだから大丈夫だろう、と思うかもしれませんが、そこは企業によって安心できるかどうかは変わります。しっかりと正しい対策を取るところもあれば、中身の無い対策を行うところも当然あります。ホワイトハットなやり方ですが、効果が出ないのです。Web担当者フォーラムにわかりやすい漫画があるのでぜひご覧ください。

詐欺なのに解約できないSEO契約!? あなたに相談した私がバカだったわ!/ 【漫画】価格交渉人ネギリエ・第6話

この漫画に出てくる悪質なSEO業者は被リンクの提供業者ではありません。おそらく何もしていない業者なのかもしれませんが、その後に行うのは記事提供です。記事の代行はブラックハットではありませんしホワイトハットの一つと考えられ、コンテンツSEOの主流です。

しかしそれでもリース契約を結ぼうとたくらみ、知識のないお客さんを騙しています。つまりホワイトハットSEOを主流にしている企業であったとしても、悪質な会社と言うのは存在する、ということです。

まとめ:「ホワイトハット=信用できる」は間違い

あまりホワイトハットやブラックハットという単語も使われなくなりつつありますが、「ホワイトハットSEOをしているから信用できる」と考えるのは間違いの元です。重要な事はSEOのやり方ではありません。SEOのやり方よりも、その会社が信用できるかどうかです。

信用できるかどうかについてのガイドラインをGoogleが出しているので、それを参考にするとよいでしょう。一言で言えばすべての質問に答えてくれること、情報開示をしっかりとしていること、これが重要です。どこからリンクを貼ったのか?記事をどこに入れたのか?などすべて話してくれて、URLも提示してくれる業者は信用できるでしょう。

結果的に信用出来るSEO業者の多くはブラックハットSEOではなくホワイトハットSEOを行っています。ですが今までブラックハットSEOを行っていた業者が、ホワイトハットSEOに代わったという話もよく聞きます。その業者はやり方を変えてもやはり「騙された」という声は多いようです。気前のいい事を言って成果を出せず連絡も来なくなるという点が信用を落としているのでしょう。

商品を仕入れるときも、何かを発注するときも基本的に信用できる人・企業にお願いするのと同じです。SEO対策も信用できる会社・人にお願いすべきではないでしょうか。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です