ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

ブラックハットSEOの営業は絶対に悪なのか?

営業自体は悪いことではない
スポンサードリンク

ブラックハットSEOの営業があったら…

営業自体は悪いことではない
ブラックハットSEOに関する営業、受けたことがあるという人はかなり多いんじゃないかと思います。某有名企業も電話営業をしてきますし、小さな名もない業者が電話をしてくることもあります。たいていそういったSEOに関する電話営業というのはほとんどがなぜかブラックハットと呼ばれる方式のSEOなのは、何か理由があるのでしょうか。

ちなみにブラックハットというのはいわゆるGoogleが推奨しない、検索エンジンのアルゴリズムの穴を突いて上位表示するものです。今で言えば多くはスパムのような中身の無いブログ・サイトをたくさん制作し、そこからリンクをたくさん貼るという方法をとっているところがブラックハットSEOと言われているかと思います。

で、そういう業者から連絡があった時にはあまりオススメはしないので断ることをオススメします。ブラックハットな方法は現在ではリスクが高く、アウトロードのコンサルティングでもまず勧めることはありません。しかしだからといってブラックハットな方法を全否定しているわけではありません。こういったSEOの営業自体も悪いとは思いません。

効果のあるブラックハット、効果のないホワイトハット

実はブラックハットな方法を使って効果のあるSEOというのも存在します。「ブラックハットはスパム、一切効果が無いどころか順位を下げることになる」と考えている人も多いですが、海外のSEO専門家の中にはブラックハットなやり方を擁護している人は少なくありません。もちろんスパム判定をされてしまい、順位を大きく下げることになるということも当然あります。しかし全く効果が無いというのは間違いで、ブラックハットでも効果が出る事はあります。

逆に今推奨されているホワイトハットSEOが効果が無いことも多いです。いわゆるコンテンツSEOなどとも言われている、HTMLチューニングを行った上でコンテンツを充実させていくことで順位を上げるという方法です。この方法では順位が上がらない、効果が無いと実感している人も多いでしょう。それもそのはずでホワイトハットの場合はかなり時間をかけてコンテンツを作るか、もしくは多くの人に支持されるコンテンツを作る必要があり、直ぐにアクセスアップにつながらないのです。

効果があると言われていても長く、そして頭を使ってマーケティングの観点から見ながらコンテンツ制作もしなければならないホワイトハットSEOよりも、外部業者に委託してお金を払ったら順位アップさせる可能性のあるブラックハットSEOを選ぶ、という選択肢は完全に悪いとは言えないと考えています。

説明せず、騙すことが悪いこと

SEO会社には説明責任を果たすことが求められています

ただ私もブラックハットSEOはオススメしないのですが、どうしてもという場合には行う場合もあります。当然その際にはスパム判定されるリスクなども説明し、十分にわかってもらった上で外部リンクを構築していかなければなりません。しかしSEO対策の営業をしている業者の多くは、たいていこういった説明を省いて、しっかりとリスクについての説明をしない場合がほとんどです。

多くの業者が「順位を上げて売上も上がりますよ!」と言います。しかし世の中にはそんな甘い話はなくてリターンがあればリスクはあります。ハイリターンならハイリスクが必ずあるもので、それがスパム判定や検索からの流入が全くなくなるようなペナルティを受けることです。これらの説明をしっかりせずにメリットばかりを打ち出していることは大変問題があります。

つまり逆に言えばブラックハットなSEO対策の業者もちゃんとスパム判定やペナルティに関するリスクの説明をした後に契約をすればいいのです。問題となっているのはメリットばかり話して騙すというその姿勢なのです。実際ホワイトハットであってもサイト順位を下げられたという話は山ほどあり、ホワイトハットSEOだからノーリスクということもまた間違いなのです。

おそらくSEO会社に求められているのはリスクとリターンの正しい説明責任なのではないでしょうか。ただでさえコンサルティングやSEOというのは怪しいというイメージが付きまとうのですから、それらを払拭する努力として、説明責任を果たすことが今求められていると思います。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。