ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

リスティングとランディングページ>SEO対策は多くの場合ありうる

どういう組み合わせがいいの?
スポンサードリンク

SEO対策は最も集客に効果的か?

どういう組み合わせがいいの?
インターネットやWebでの集客について一番最初に考えるのがSEOでしょう。最近だとソーシャルメディア、特にFacebookを使った集客というものもよく使われていて専門のコンサルタントなどもいます。ただホームページを持っている人であればやはりFacebookページなどを活用するよりも、SEO対策を考える人のほうが多いように思います。

しかしSEO対策が必ずしも一番いい効果を出すとは限りません。場合によってはリスティング広告&ランディングページという組み合わせのほうが大きな効果を上げることもよくあります。

結果的にリスティング広告が最も効果を出した事例

有名なSEOの専門家であり、コンサルティングも行ってる住さんが書いているこの「三人の弁護士」というのは分かりやすい事例だと思います。ぜひ読んでみて欲しいのですが、今回取り上げるのは2番目の弁護士の行動です。集客方法としてこの人は1枚のランディングページを作り、そこにリスティング広告でリンクするという方法をとったという事例です。そうすると結果的に大きく成長したというわけです。

最初にリスティング広告を出すという考え方をする人はあまり多くはありません。なぜならインターネットでホームページを作り集客をするという方法はうまく行けばゼロコストで行うことも可能だからです。昔から無料のサービスは多かったですし、ソフトがなかったとしてもHTMLを使えば今でも簡単に無料でホームページを作れます。かつそこからSEO対策を行うことも自分で勉強して行う事もできます。それで成功した人も多いため「インターネットの集客=無料」というイメージが付いてしまっているのでしょう。

最近フェイスブックを使った集客、少し前で言えばTwitterを使った集客などのソーシャルメディアを使うことも、これと同じ流れなのでしょう。無料で集客できるからということで興味がある人も多いでしょうが、それが必ずしもベストの集客とはいえません。もちろんそれがベストの人もいますが、上記の住さんが出している例を見てもわかるように、お金をかけたリスティング広告とランディングページの方が大きな効果を出すこともあるのです。数十万円のコストが掛かりますが、その何倍もの収益を上げることができていると考えられます。

コストを掛けてでも広告を出すことを考えよう

ソーシャルメディアが一番集客できる?
インターネット、ソーシャルメディアが無料でコストが低いからこそ利用するという理由もわかります。無料だからこそSNSも多くの人が利用しているのですから。しかしビジネスの目標というのは低コストなものを利用してコストを最低限に抑えることではありません。最大限の売上と利益を上げるための方策を探る事こそビジネスですから、コストを掛けてリスティング広告を行ったほうがいいことも多々あるのです。

ソーシャルメディア内の広告というのもありますし、広告を利用することを「コストがかかるから」だけの理由で行わないのはビジネスの遠回りになることも大いにあるでしょう。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。