ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

被リンクからオーサーランクが重要視される!?今後のSEO対策はどうなる?

検索エンジン最適化はどうなるの?
スポンサードリンク

被リンクからオーサーランクへ!?

検索エンジン最適化はどうなるの?

Googleのアルゴリズムの変化について、SEO対策を行っている業者の方々はアンテナを張っているかと思いますが、この度新しい話が出てきました。

【速報】Google「被リンクからオーサーランクに移行する」SEO業者全滅か!? | 面白ニュース!netgeek

GoogleのSEO関係を担当しているマット・カッツさんが言うには、今後数年で被リンクの重要性が下がっていき、その代わりにオーサーランクが代わりに上がっていくと言う話が出てきました。オーサーというのはブログなどを書いているライターのことです。よくWordPressなどで記事を書いている人のことをオーサーと言いますが、それと同じです。オーサーランク自体がどういうふうに決まっているのかはブラックボックスですが、この誰が書いたか?ということが被リンクに変わって重要視されるようになると言っているわけです。

どういう対策をすべき?

「被リンクが軽視されるようになるとすれば、じゃあどういうSEO対策をすればいいの?」と思うでしょうが、実際にはさほど大きな差はないと思います。現在、Google+が発表されてから、オーサーランクというのはSEO上必要と言われるようになりました。グーグルの検索で顔写真が左側に載っている検索結果がありますが、これはSEO上有利に働くと言われています。ですので誰が書いているか?というのをブログを中心に、SEO対策を行う人は必ずと言っていいほど行っています。

オーサーランクを高めることが重視されるのは間違いありませんが、だからといって有名な人のサイトが必ずしも上位表示されるか?というとそうは言えないかと思います。上位表示の基本は有益な情報があるサイトですから、有名な人が書いていると必ずしも有益というわけではありません。アメブロのタレントブログなどを見ても明らかですが、有名人であっても写真と日常を書いているようなブログは上位表示されにくいと推測されます。おそらくテレビやマスコミを通して有名だからオーサーランクが高い、というような決まり方はしないかと思われます。

重要な事はやはりコンテンツづくり

重要なのはズバリコンテンツ!

では有名人かどうかで決まらないとすれば、どういうふうにオーサーランクが反映されるのか?というと、やはり結局はコンテンツ重視ということになってしまうのではないかと思います。有益なコンテンツを作っている人が上位表示される、ということになるのでしょう。ブログで言えば多くの人が有益だと判断した記事がたくさんある人ほど、上位表示されていくのだと思います(この時の判断方法はGoogleの手の内でわかりません)。

ホワイトハットだブラックハットだと、SEO対策で言われてきましたが、被リンクからオーサーランクへと重要視される点が移るここ数年が大きな変化になるのでしょう。そして内部対策がなされてコンテンツがしっかりしていて、UIに優れている、そんなサイトが上位表示されるようになるのではないか?そのように予想します。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。