ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

リアル店舗があるならSEOよりもまずはGoogleプレイスに登録を

プレイス
スポンサードリンク

SEOを必死に行うのもいいですけれども、実は近道というかショートカットのような集客方法もあります。一つが広告で、リスティング広告はSEOのように時間をかけずにショートカットできる有意義な法法でしょう。もちろんその分コストも掛かりますが、多くの企業が広告を出稿していることでわかるように、効果は高いものです。

「費用がかかるのがネックだからSEOを地道にするしかないのか…」という人も、もしリアルに店舗を持っているのであれば広告ではなく無料で集客する方法は他にもあります。それがGoogleプレイスです。

プレイス

検索順位で5番目になれる!?

GoogleプレイスはGoogleが多くの店舗情報を載せている、いわゆるデータベースのようなものです。このGoogleプレイスのいいところは無料でできるところで、登録さえしてしまえばSEOよりも使えるでしょう。例えば「居酒屋 梅田」なんていうキーワードで検索をすると、それこそたくさんの居酒屋がヒットします。これで上位表示するのは至難の業です。だから多くの会社が広告を出しているのです。

しかしGoogleプレイスに登録してしまえば、梅田の居酒屋リストに加えられて、地図と連動されて表示されるようになります。現在、検索順位で言えば5番目に表示されるようになっていますので、5番目以下の検索順位であればやる意味は大きいのではないでしょうか。

ただ、一つデメリットが有るとすると、このGoogleプレイスの順番というのはこちらで決められないということです。Googleがその人とキーワードに合った検索結果を返しているので、どういう人でも「居酒屋 梅田」で検索すれば、Googleプレイスの上位に表示されるというわけではありません。とは言え、Googleマップの中に登録されるということは、検索で流入される可能性が高くなるということですから、集客の一つの手段として使えるでしょう。

店舗がある時

店舗があればまずは登録を

Googleプレイスは居酒屋などの飲食店をはじめとして、雑貨店やアパレル店、漫画喫茶やボーリング場のようなプレイスポットでも登録することは可能です。店舗を持っている人は必ずGoogleプレイスに登録をしておいたほうが集客に役立つでしょう。ちなみに詳しい登録方法は後々説明記事をアップしたいと思いますので、お待ちくださいませ。

こちらの方のエントリー「飲食店などの宣伝でgoogleプレイス(マイビジネス)を登録する方法」で店舗の登録について書いていますから、参考にしてみてください

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。