ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

今後の検索エンジンはどのように発展していくのか?

ハミングバードの解説
スポンサードリンク

ハミングバードとカフェインアップデート

先日、Googleが新しいアルゴリズムをアップデートしたと言われました。それがハミングバード、そしてもう一つがカフェインと呼ばれるアップデートです。Googleはペンギンであるとかパンダなどというように、アップデートに名前をつけるという習慣があるようで、今回もユニークな名前がついています。

ハミングバードアップデートはどういったことを目的としているか?というと、音声検索の機能向上を目指したものであるとされています。現在、iPhoneを始めとしたスマートフォンで検索をする際、文字を直接打つ検索方法と並んで、音声検索がどんどん増えてきています。その際、文字で検索するように「炭酸 美味しい ジュース」というように発音はしません。「炭酸ジュースの美味しいもの」といったように、より会話に近い形で検索をすることになります。この時の検索結果が必ずしも正確でユーザーの望むものではないとされてきました。そこで今回のハミングバードによって、より音声検索でユーザーの望む検索結果が上位表示されるように、アルゴリズムが変更されているのです。

もう一つのカフェインアップデートについてはインデックスの正確性、スピードが上がったとされています。インデックスと言うのは検索エンジンに登録されることなのですが、この登録スピードと正確性が上がり、早く検索結果に反映されるようになったのです。そのため、おそらく今後はバズと呼ばれる人気のコンテンツについては素早く上位表示される事になるでしょう。今でも人気コンテンツを上位表示するという仕組みはありますが、それが正確に素早くなっていくことが予想されます。

ハミングバードの解説

 

今後はどういう風に発展する?

さて、今後の検索エンジンはどのように発展するのでしょうか?外部リンクが効果がなくなるのか、ドメインは長く持っていても意味が無いのか、優れたコンテンツとは何かなど、色々な質問をされます。今後はよりスマートフォンよりになっていく事が考えられます。ハミングバードアップデートもそうですが、音声検索はスマートフォンにより爆発的に広まっていますから、スマートフォンでより検索しやすいようになっていくと考えらます。

またグーグル・グラスなどの新しい技術ができることにより、見たものの情報をすぐに検索できるようになることも、近未来では可能になるでしょう。検索エンジンはインターネット初期から比べると、格段に変わっています。今後もアップデートには目が話せません。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。