ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

サテライトサイトから発リンクしてもスパム判定されない方法とは

被リンクするなら質の高いサテライトサイトで
スポンサードリンク

SEO対策を考える際に、今でも外部対策で被リンクを貼って欲しいという話は多くあります。被リンクを買うという行為自体はGoogleが禁止していますので、見つかればペナルティは避けられません。ただ、それでは外部対策はどうやってやればいいの?というふうに考える人も多いでしょう。

被リンクを受けるという外部対策を行いたいというのであれば、幾つか方法はあります。その一つがサテライトサイトを作るという方法です。サテライトサイトを作る方法は以前から存在しますが、現代のSEOを考えると質の高いサテライトサイトを作らないといけません。

今までの発リンク用サイトは質が低く意味のないものが多かった

被リンクが高い評価を受けていた時代、たくさんの被リンクを作ってはそれを上位表示させたいサイトのURLにリンクさせていました。FC2ブログやアメブロ、その他無料ブログが大量に使われていて、中身もすごく薄いものばかりでした。

例えば200文字くらいの意味のない文章、場合によってはプログラムで自動的に作られた支離滅裂な文章だったりします(ワードサラダと呼ばれていました)。こういったものでも被リンクは評価されていましたが、今は逆に順位を落とす原因にもなりかねません。また無理にTwitterでつぶやいてリンクさせるということも今では意味がないでしょう。

中身の無いサイト、中身の無いブログからのリンクがいくら多くても今や全く効果はありません。ですので、SEO会社で被リンク対策をメインにしていた企業は今はコンテンツを提供することをメインとしています。そのコンテンツもレベル・質が低いので意味が無いものも多いのですが…

オウンドメディアは発リンクしているサイトも多い

質の高いサテライトサイトって?

ではもう自分たちで被リンクを行う、ということはできないのでしょうか。そもそもの話ですが、自作自演リンクというのはGoogleも禁止していますので、リンクそのものを目的とするようなサイトでは問題があります。しかし逆にGoogleは質の高いコンテンツを有しているサイトに対し、高い評価を与えます。

つまり質の高いサテライトサイトを作れば良いわけです。そこに自社のリンクがあったとしても、それをとやかくGoogleから言われることはないと思います。その証拠にオウンドメディアの多くが、自社のウェブサイトへ被リンクをしているのです。オウンドメディアの多くが質の高い記事やコンテンツを提供していますので、オウンドメディアからのリンクが自作自演としてペナルティを受けた、という話は聞きません。

というようにもし外部対策を自分たちで行いたいというのであれば、オウンドメディアレベルの質の高いサテライトサイトを作りリンクを貼るという方法ならば問題はないでしょう。

質が高いサテライトサイト、3つの条件

3つの条件ってなんでしょう?

「オウンドメディアまでは無理!」という人も多いと思いますので、では質が高いサテライトサイトを作る上で最低限これが必要という3つの条件をご紹介しましょう。

  • 「量」
  • 「質」
  • 「関連性」

この3つを肝に命じて作れば問題ないでしょう。

「量」は二つの意味があります。一つが文字数、もう一つがコンテンツ数です。文字数が100文字200文字では少なすぎます。やはり2000文字程度は欲しいところです。加えて記事数も1記事2記事では少ないので、10記事は最低でもあったほうがよいでしょう。これでも最低2万文字くらいの文章を書く必要があります。

「質」は簡単で多くの人が「良い」「役に立つ」と思うようなものを提供することです。例えば「実績・実例」や「ノウハウ」などを提供すると、見込み顧客になる人は喜ぶでしょう。そういった質を考えた物が良いかと思います。

「関連性」は被リンクをするサイトと関連していないといけない、ということです。工務店なら工務店の業務に関すること、証券会社なら金融に関することをサテライトサイトに入れなければいけません。全く関係ないコンテンツのサイトからリンクをしても、マイナス評価になりかねません。

まとめ:すべてのサイトに高品質が求められる

以上のように、外部対策をしたいのであれば品質の高いコンテンツを作ったサイトでなければいけないので、昔のように適当にリンクを貼ればいいという時代ではなくなったのです。検索順位で上位表示するためには被リンクの力はまだまだ重要です。が確実に被リンクに関する考え方を昔と改めなければなりません。

どういったサイトでも、それこそたとえTwitterであっても質の高い文章・コンテンツが求められる時代になっているのだと思います。少なくとも上位表示をしたいサイトがあるならば。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です