ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

【EC講座その1】ウェブショップを作りたい!と思った時に読む記事

売上=アクセス数×コンバージョン率×客単価
スポンサードリンク

今では当たり前のようにウェブショップで買い物をすることができる時代になりました。物を売買するのもヤフオクやメルカリといったオークション形式のアプリ・サービスもあり、簡単にできます。もちろんそこでは個人間取引になるとトラブルも起きていますが、それを上回るだけのメリットが利用者にあるといえるでしょう。

さて、ネットで色々なものを売買していたら「自分でも何かを売りたい」と思う人もいるでしょう。特にウェブショップを作って売買し、商売をしたいと考える人も少なく無いと思います。しかしそこですぐに「ウェブショップを作ろう」と考えるのは失敗のもとです。

ウェブショップ売上の原則を知る

ウェブショップの売上はどのように決まるのでしょうか。ダウンロードページの中にある、ウェブマーケティング資料でも書いているのですが、基本である「売上=集客×コンバージョン率×客単価」で表せるのです。例えば100人のアクセスがあり、そのうち2%のお客さんが平均客単価1万円で買い物をしてくれたならば、売上は2万円、ということになります。

売上=アクセス数×コンバージョン率×客単価

売上は3つの項目に分解可能

この法則をまずは覚えておく必要があります。原則として売上はこのように決まり、売上を上げるには

  • アクセス数を上げる
  • コンバージョン率を上げる
  • 客単価を上げる

の3つしかないのです。

一番多い、集客の悩み

さて、この中で最も悩みが多いのはどれか?というと、やはり集客に関して悩む事が多いと言えます。集客、つまりアクセス数を以下に稼ぐかということに四苦八苦する人が多く、そのために「SEO対策をしてくれないか?」と言われる事が多いのです。

ウェブサイトを作る時には最初から「こういうお客さん・ユーザーを呼びこむ」というターゲットペルソナを作っておく必要があると言われています。集客で困るのはたいていターゲットペルソナを作ってないか、ぼんやり作っていたとしてもその人達が好むコンテンツを提供できていない可能性が高いといえます。

もちろん最初から集客に成功するウェブショップは非常に少ないのが現状です。新規性・独創性のある商品を扱っているところは少ないですし、Amazonや楽天と戦う必要があるわけで、そこで勝てるショップは皆無といえます。私も依頼されても「無理でしょうね」と答えるかと思います。

集客に悩まなくなるのがヤフオクやモール

集客に悩まなくなるAmazon・ヤフオク

まずは自社サイトよりもモールやオークションサイトが無難です。

「じゃあ新規参入したウェブショップは全く売れないで撤退するしかないの?」というとそうではありません。やり方次第で集客をすることが可能です。私が見てきた中でうまく集客して売上を上げている例と失敗している例を分析してみた結果、次の仮説が成り立ちます。

成功しているウェブショップの多くはAmazon・ヤフオクなどの集客力を利用しており、逆に失敗しているウェブショップは最初から自社サイトを立ち上げているのです。多くのショップを見てきましたが、大資本を持っている企業以外はこの仮説は正しいと考えています。

そもそもヤフオクやAmazonはなぜ良いか?といえば、ヤフオクもAmazonも集客力があるためです。例えば何かの本のタイトルを検索したら、Amazonが1位や2位に出てきたという経験、ありませんか。最近では日用品の商品名や水・食品やアパレルなどもAmazonでは取り扱っています。検索エンジンでもAmazonは上位表示されるのです。

ヤフオクの場合はGoogleやYahoo!のサイト検索ではありませんが、ヤフオク利用者自体が多く、そこでより安いものや変わったもの、良い物を見つけようとしているユーザーがすでにいます。ですので毎日のようにヤフオク内の検索が行われ、取引が成立しているのです。

Amazonにしてもヤフオクにしてもそうですが、両方ともに言えるのが「すでに固定客が付いている」ということです。更にAmazonの場合は新規客をサイト検索から取れますので、集客力はEC業界一です。この固定客が付いているサービスを利用すれば、新たにゼロから集客する必要はなく、商品の仕入や発送、お金のやり取りなどに集中することができるのです。

まとめ:集客はモールに任せてしまえ!

ウェブショップをやりたいという信念は全く間違いではありませんし、歓迎されるべきものです。ですが、やり方を間違ってしまうとせっかくのウェブショップが無駄になってしまいます。何でもゼロから始めようとすると大きなハンデを負ってしまいますので、使えるものはなんでも使っていきましょう。集客に関しては少なくとも最初はモールに任せてしまうことをおすすめします。

ちなみにAmazonやヤフオク、そして最近ではメルカリなどもありますが、それぞれ客層も違っているので商品に合わせて利用するサービスを変えると良いでしょう。男性ならAmazon、女性ならヤフオク、10代を始め若い子にはメルカリがおすすめです。もし迷ったらまずはAmazonが一番無難でしょうね。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です