ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

「ECサイトの集客をしたい!」その前にやっておきたいこと

集客の前に止まって考えて
スポンサードリンク

ECサイトで集客したい!その前に…

集客の前に止まって考えて

ECサイト、別名ウェブショップなんて言われ方もしていますが、インターネット上に店舗を持って販売をしている方々はたくさんいます。大手企業から中小業者、もしくは個人で販売をしている人たちもいます。ただ、やはりECサイトは作ったらそれで売れる!という状況ではありません。インターネットショッピングが始まった頃は参入者が少なかったために、売上を上げやすかったかもしれませんが、今はかなりの数のECサイトがありますし、それらを比較して安いところで購入することを助けてくれる情報サイトまであります。

ですから楽天やアマゾンのような有名モールに出店したところで、簡単に売れるものではありません。だから集客が大事!というのはそのとおりです。集客をしない限りは売れるものも売れないわけですが、ECサイトで集客をする前にやっておいたほうがいいことがあります。それはECサイトの改善です。集客をする前にECサイトで買い物をしやすいようにしておくこと、こちらのほうがはっきり言って集客よりも重要です。

アクセス数が10しかないサイトであっても、先にECサイトの改善をしていたほうがいいでしょう。でなければ、たとえ集客をしたとしても失敗します。むしろ集客をすればするほど悪循環にハマル可能性があります。

買い物しにくいサイトが集客すると逆効果に

なぜ先にECサイトの内部を対策しないといけないのか、それはお客さんの立場になって考えてみるといいでしょう。例えばアクセサリーを探していたとしましょう。ネックレスを探していたとして、そのネックレスを販売しているECサイトに検索や広告などでやって来たお客さんがいます。その方はサイトを見て離れてしまいましたが、理由は様々ありました。

  • トップページから商品を探しにくい
  • 表示スピードが遅い
  • スマートフォンで見難い
  • サイト内検索が使いにくくキーワードで引っかからない
  • 画像が小さくて見にくい
  • 決済手段が振込しかない
  • 誰が売っているかわからないので怪しい
  • 会員登録しないと買えず面倒
  • ポイントが貯まらない

などなど、様々な要素で離れてしまったのです。結局そのお客さんは他のサイトでアクセサリーを買ってしまいました。このように例え集客できたとしても、サイト自体に問題があると今は簡単に離れてしまうのです。簡単に離れたお客さんをまた引き戻すのは至難の業で、ポイントをたくさんつけたり割引をしたりするなど、集客に加えてさらにコストを掛けないと戻ってこない可能性もあります。また一回きりの婚約指輪のようなものであれば、一度離れてしまえば二度と購買してもらえるチャンスはありません。

このようにまずは自社サイトを買い物しやすいようにしておくこと、それが重要なのです。もちろんそれ以上に商品やサービスの質を高いものにして置かなければ、例え上手にウェブサイトを作り、販売舌としてもリピーターになってもらうことは難しいでしょう。

集客後も内部の見直しは継続的に

集客と内部改善はいつまでも続きます

正直、ECサイトでの集客の方法はいくらでもあります。一番多い方法で効果的なものが広告です。楽天などのショッピングモール内広告は効果が高く、自社サイトであればリスティング広告が効果は高いし即効性もあります。その他にも記事広告、最近であればネイティブ広告と言われているものを出すと言う方法もあります。無料で行うならば自身でSEO対策を行い、コンテンツを作成するという方法もありますし、FacebookやTwitterで投稿やイイねを増やすと言う方法があるでしょう。プレスリリースを作って送るというのも悪くありません。

幾つもの集客方法が無料・有料問わずありますが、それをすぐに行うというのはあまり得策ではありません。特にECサイトは集客前に必ず「自社サイトはこれで大丈夫か?」を考えてください。お客さんの立場に立って他の店舗と比べて買いやすいか、買いたくなる魅力があるかどうか、ファンになりたいかなどを考えてみてください。「ECサイトにおいてブルーオーシャンのキーワードを作り出す方法」でも書いていますが、キーワードを見つけて作り出す前に行うべきことは自社サイトの見直しが必要なのです。

画像の大きさや買い物かごボタンなど、非常に小さいことのように思えますが、これひとつで大きく売上が変わるという事例もあります。例えECサイトを完璧に作り上げて集客を行うようになったとしても、また続けて内部の見直しは行っていかないといけません。ネット上の流行や技術は日進月歩ですから、それに対応していく必要があります。少しでも売上を上げるためにも、毎日改善していくことが求められます。

「ECサイトを作って適当に広告を出せば、お客さんは来るだろう」そういう時代はもう終わったのです。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。