ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

【初心者向け】Google Analyticsの読み解き方と活用方法

グラフの読み解き方ってわかりにくい
スポンサードリンク

Google Analytics、使っていますか?結構な人が使っていると思いますが、なんとなーくその画面を見てしまうということが多いんじゃないでしょうか?「あー、こういうキーワードで来てるのかー」や「あれ、アクセス数が落ちてるなー」というような感じで見ている人は多いでしょう。しかし、アクセス数が下がっているから、キーワードできているから何なのか?その情報をどういう風に解釈すればいいのか?ということがわからない人は多いと思います。

そこで連続してGoogle Analyticsの一般的な読み解き方、分析の方法についてご紹介します。業界や商品によって大きく違ってくるのですが、詳しくはセミナー等も予定していますのでご参加いただければと思います。

セッション・ユーザー・ページビュー数とは

グラフの読み解き方ってわかりにくい
ここでは最初にアクセスをした時に出てくる項目のうち、セッション・ユーザー・ページビュー数について説明します。

まずセッションですが、セッションというのは訪問から離脱までの動きを1セッションというように定義付けています。例えば検索エンジンから検索で流入して、数ページ見てからブラウザを閉じた場合は1セッションというわけです。これが何回あったかでセッション数が決まります。細かく言えば30分以上動きがない場合は新しいセッションになるというルールや参照元が変わると違うセッションになるというルールもあるのですが、初心者の方はそこまで気にしなくてもいいです。

次にユーザーですが、こちらは何人が訪問したかというのを表しています。たとえ検索エンジン経由で流入して1時間放置していて、また動き出して離脱したとしてもそれは1ユーザーというようにカウントされます。なので、セッション数よりもシビアにこちらはカウントされるためユーザー数はセッション数よりも少なくなります。

ページビューはそのままでページを何ページ見られたかです。コーポレートサイトでトップページから会社概要を見て社長の挨拶を見れば、合計で3ページ見たことになりますから、3ページビューというようにカウントされます。ページビューはよくPVなんていうふうに省略されて、Webの広告はこのPVを指標にしていると言われています。だからページ分割をするサイトが多いといううわさがあるとかないとか(笑)

セッション・ユーザーの増減を読み解く

こういった説明はどこにでもありますので、実際のビジネスに必要なのは「これらの数値の変化が何を表しているか?」ということだと思います。もちろん業種や会社によっても変わりますが、基本がわかれば応用ができると思います。

セッション・ユーザーがもしも増減した場合、見るべきポイントは主に2つあります。

  • 「どのページのセッション・ユーザーが増減しているのか」
  • 「どういう経路で増減しているか」

この2つをまずはチェックしましょう。

例えばよくある例として、とあるブログのページのアクセスが激増している時があります。この時のブログのアクセスの経路というのを見ると、主にFacebookからたくさん来ていました、という事例です。そしてフェイスブックページを見てみると、その投稿が非常にシェアされていた、イイねが多かった、誰か有名人がシェアしてくれていたというような事があります。

逆に減っているということもあります。よくある例の一つが更新をしなかった日です。ブログや新着情報を更新しているときは常時それなりのセッション・ユーザー数があったのに、更新をしないと3、4割アクセス数が減ることがあります。こういう時には更新したページを更新した日付で見てみると、どういう流入経路で来ているかを見ることが出来ます。今だとSNSからの流入が多いかと思います。

他にも増減の理由として広告を出し始めた・広告をやめた、ペナルティを受けた・ペナルティが解除された、Webの媒体に取り上げられたなどによって増減します。重要な事は増えた減ったということではなく「どういう理由で増えたか?」というのを見ることであり、増加した理由を知れば、増加したページと同じ方法を使って真似をすればセッション・ユーザーを増やせる可能性が出てくるでしょう。減少したならば、その方法は失敗だったということでやめることが出来ます。

ページビュー数の増減を読み解く

悩むことはないGoogle Analytics

もう一つのPV数については増減をどういうふうに読みとくのかですが、PVは性質上同じユーザーが幾つものページを見てくれる事によってPV数が上がっていきます。ということはPV数が上がるということはどういうことが言えるのか?というと

  • 見やすく回遊しやすいデザイン
  • 興味のあるコンテンツが揃っている
  • 正しく情報を欲しい人にリーチしている

といったことが考えられます。

つまりPVが増減した時には「最近デザインを変えた」というなら、それが影響している可能性が強いでしょう。また「最近更新したページをたくさんの人が見ている」となればそのページが原因ですし、特定の狙ったキーワードからの検索流入が多ければ正しいユーザーに情報を与えられているということになります。またPVが少ないページを見ればあまりユーザーに好まれない情報がわかります。

ですのでPVの増加しているコンテンツを増強していくこと、他の記事やページを作るときにもそのPVが増加しているコンテンツを意識して作ることなどが出来るようになります。

数値を見て改善に役立てることが第一歩

読み解いて活用する事が重要

簡単に説明をしましたが、Google Analyticsの数値を見てそれを改善に役立てるということです。なんとなく「こういうキーワードから流入しているのか」というのを眺めていても、ホームページは良くはならないし、改善もできません。だからこそ、Google Analyticsの数値を改善の一歩に役立てるのです。今回はたった3つの項目だけですが、これだけでも十分改善のためのヒントはあるのです。

*次回は直帰率と離脱率、平均セッション時間を読み解く方法についてご紹介したいと思います。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。