ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

AbemaTVにもし広告を出すとしたら?シミュレーションしてみよう

AbemaTVの広告について考えてみる
スポンサードリンク

AbemaTVをご存知でしょうか?サイバーエージェントが運営する、ネットTVです。スマートフォンで流し見できるということもあって、多くの若い人たちがダウンロードしています。そんなAbemaTVで先日「亀田興毅に勝てたら1000万円」という企画を行い、サーバーが落ちるほどのユーザーを集めることに成功しました。

サイバーエージェントのAbemaTV、亀田興毅のプロレス風ボクシング企画が認知度アップの炎上商法として大成功

ただ、サーバーが落ちるほどのユーザーを集めたり、芸能人がたくさん出ている番組を作っていながら、まだまだマネタイズはされておりません。実際、1年で100億円の資金を投じ、現在もマネタイズについては考えておらずさらに投資を行うと藤田社長はおっしゃっています。

「1年で200億円の赤字」――藤田社長が投資するAbemaTVの“謎”

ただ、このAbemaTVがもし一般的な地上波TVと同じようにCMを中心とした広告モデルをとるとした場合、どのような広告が効果的か?広告主の企業側から見ると広告媒体として魅力的か?を考えると、大変参考になるかと思います。

視聴者はどういう人が多いかを考察

まず視聴者はどういう人たちなのか?どういうターゲット層が見ているのか?を考えてみましょう。こちらの「AbemaTVとLINE LIVEのユーザー層の違いを比較してみた」という記事に、AbemaTVの視聴者層についての推測がかかれています。導き出されるデータは下記のようなものです。

  • 男女比は7:3で男性の方が多い
  • 40代男性が1番多く、次に30代男性・50代男性と続く
  • 20代の割合は男女合わせて13%程度

さらに少し古いですが、こちらの「200万DL突破の「AbemaTV」は意外な年代にウケていた! 」という記事では、同時に所持しているアプリのランキングが公表されています。詳しくは参照記事をご覧頂ければと思いますが、「ミリオンゴッド」というパチンコゲームと「カジノプロジェクト」というカジノゲームが上位に入っているという点は特徴的です。

そして見ている番組のランキングについてですが、こちらのサイトにランキングがあります。亀田興毅氏の特別番組はもちろんすごいのですが、それ以外であればアニメ、アイドル、麻雀、当たりが目立ちます。

以上からAbemaTVの視聴者層をまとめてみると下記のような特徴がわかります。

  • 麻雀やパチンコなどのギャンブルが好きな
  • アニメ・アイドルが好きな
  • 30~50代の男性

ギャンブル、アニメ、アイドル、格闘技がAbemaTVのキー

AbemaTVの視聴者層に響きそうな商品・サービスは?

では次に広告を出稿する企業、広告主の立場から考えてみましょう。おおよそ1500万ダウンロード、月間アクティブユーザーは800万、週間アクティブユーザーは400万と発表されています(参照:AbemaTV、開局11カ月で1500万ダウンロードを突破)。1週間CMを流してもらえれば400万人にリーチするとなると、かなりの広告の露出が見込まれます。

ただ、AbemaTVを見ている視聴者にその商品・サービスが響かなければ意味がありません。AbemaTVの視聴者層に届きそうなCMですが、例えば下記のようなものはどうでしょうか。

  • パチンコホール
  • パチンコメーカー
  • スマホゲーム
  • 格闘技イベント
  • アイドルコンサート情報

上記については確実に効果が期待できます。AbemaTVの視聴者層にガッツリ響きそうです。また、例えばギャンブルをする人たちに親和性が高そうなものや格闘技が好きな人に親和性が高そうなもの、アイドル・アニメ好きに親和性が高そうなものなども良いでしょう。逆にこれら以外のCMはあまり響かない可能性が高そうです。

CM内容・クリエイティブはどうする?

広告で大事なクリエイティブについても考えてみましょう。上記のターゲット層に対してどのような広告を作るべきでしょうか?今わかるデータから考えると「お得」を全面に出したようなものが良いと思われます。例えば「20%割引」「今ならもう一つついてくる」「先着10名様にダイヤプレゼント」などです。こういった金銭的に得をする、という点を全面に出したクリエイティブは効果的かと思われます。

もう一つがアイドルやアニメなどとのタイアップCMでしょう。アイドル好きの方やアニメ好きな人に買ってもらうことを目的としたCMになります。商品を購入するとアイドルのカードやアニメのアイテムなどが当たる、というのもいいかもしれません。

クリエイティブを作る側としてはあまり面白みのないものになるかもしれませんね。

まとめ:AbemaTV視聴者はマイルドヤンキー層?

このようにあるCMを出すとしたら…と考えることは、非常に良いマーケティングの練習になります。

AbemaTVのデータがそこまで揃っているわけではありませんが、人気の番組であるとかアプリデータ・年齢層などを見ていると、おそらく主な視聴者層というのはマイルドヤンキーの人たちなのではないか?と推測できます。マイルドヤンキー層がメインターゲットとなれば、CMもCMの中身についても、作りやすいのではないでしょうか。

1500万ダウンロードも突破したということですし、今後の趨勢を見ていきましょう。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です