ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

俺のフレンチなどのシリーズは典型的なブルーオーシャン戦略

イタリアン・フレンチのブルーオーシャン
スポンサードリンク

大人気の立ち食い店「俺のイタリアン・俺のフレンチ」

イタリアン・フレンチのブルーオーシャン

俺の~という飲食店を展開している俺の株式会社の勢いはすごく、未だに大阪では沢山の人が行列を作っています。これらの飲食店コンセプトについては非常に面白く、ブルーオーシャン戦略を学ぶのにはピッタリの題材だと思います。

俺のシリーズの特徴といえば多くの人がご存知のように「立ち食いであること」「原価率が高く、安いこと」「客の回転数が高いこと」といったようなコンセプトがあります。これらは今までのフレンチやイタリアンでは考えられないようなものでした。まさにブルーオーシャン戦略です。

サービスを徹底して省き効率性をプラスする

ブルーオーシャン戦略の基本は現在ある市場に対して何らかのものを足すこと、そしてあるものから引くことによって新しい市場が開拓されるというものです。ここでポイントとなるのはこの市場は俺のシリーズによって開拓されたものであり、どこかに隠れていてそれを見つけ出したというものではないということです。

まず今までのフレンチからサービスを徹底して抜いています。ギャルソンによる細かなホスピタリティであるとか、目の行き届いたサービス、ホテルの高層階や地価の高い場所での立地条件などのサービスはどんどん抜いています。そしてコアとなるコンセプトの料理だけに集中をしています。

料理だけに集中し効率的に多くの人に料理を提供することによって採算性を確保するという点で立ち食いの部分がプラスされています。立ち食いそばや立ち飲み屋を始めとして、基本的には短い時間ですぐに食事を終えることが出来るのが立ち食い・立ち飲みであり、今までは考えられなかった部分をプラスしました。

サービスを省き、効率性をプラスすることによって生まれたと言える例でしょう。

新規ビジネスにおけるブルーオーシャン戦略の参考にピッタリ!

経営の教科書にぴったりな俺のシリーズ

今では当たり前のようにブルー・オーシャンだとかレッドオーシャンという言葉が用いられるようになっていますが、詳しく学ぶためにはこの俺のシリーズを研究することがピッタリかと思います。今や居酒屋もワタミなどのチェーン店が不調になっています。マクドナルドもそうですし、既存の業種があまり調子が良くない中、飲食店のブルー・オーシャンを見つけた俺のフレンチはいいサンプルになるでしょう。

実は俺のシリーズ以外にもこういうブルーオーシャン戦略のサンプルになるようなものはたくさんあります。アウトロードの事務所の近くにも、完全に地域のブルー・オーシャンを生み出すことができている立ち飲み屋さんができています。当たり前のように使われるワードですが、わからない場合の基礎に是非一度食べに言って経験してみるといいかもしれませんね。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。