ノーセールスは20代30代の若手ビジネスマン、また就活生向けに「ビジネスに役立つコラム」を掲載しています。マーケティングやWebの技術などをメインに掲載していますのでお役立てください。

フリーランスほど重要な「コアコンピタンス経営」

タイムマネジメントはフリーほど重要!
スポンサードリンク

一人の時間は24時間しかない!

昔も今も一人の人間に与えられている時間というのは1日で24時間しかありません。与えられている時間が倍になるようなことはないし、このタイムマネジメントこそが重要というのは誰もがわかっていることでしょう。その割には日本人は非効率な残業をしたり、だらだらとした仕事を会社員でもしていたりします。

特にフリーランスは一人ですべてのことをしなければならないわけで、24時間の使い方がすごく重要です。そこでひとつの経営で言われているコアコンピタンスという考え方を導入しましょう。コア・コンピタンス経営という本がありますからそれを読んでもらえればわかると思いますが、簡単にいえば経営資源をコア(中核)事業に集中させることで経営効率を上げるという考え方です。従業員がいる企業でもヒト・モノ・カネなどの経営資源をいかに配分するかに頭を悩ませており、一人分の経営資源しかないフリーランスはもっと経営資源の配分が重要になってきます。

タイムマネジメントはフリーほど重要!

やるべきことに集中し、必要性が低い時は後回しに

フリーで働いていると儲けが少なくなってきてアルバイトをしたりするようになります。アルバイトをし始めると時間をアルバイトに取られてしまいますが、その分お金を稼げるようになります。するとどうなるかというと自分の時間をアルバイトに取られてフリーランスで働く時間が削られてしまい、フリーターなのかフリーランスで働いているのかわからないような状況になります。

これはベンチャー企業でも同じようなことが起こりえます。よくあるのが新規サービスをオープンするための資金が足りなくなるので請負事業をするようになり、開発などを受託して得たお金で食べていく用になります。そうなると開発を受託する会社なのか、それとも新しいサービスを作るベンチャー企業なのかがわからなくなります。

フリーランスは稼いで食べていかないといけないですから、やるべきではないけれども食べるためには仕方がないことに経営資源を割かねばならないこともあります。出来る限り時間をフリーランスの仕事に割かなければ、アルバイターのようになってしまい「何のためにフリーになったんだろう」と考えてしまうこともあるでしょう。

外注やお手伝いの人に任せることも考えよう

外や他人と協力してコア事業に集中を!

コアコンピタンス経営がフリーランスでは重要というのはわかるけれども、生活のためにも時間を割かなければならない…少ない経営資源をどう配分するかがフリーランスでは肝になります。いかに自分たちのコア事業に時間とお金をつぎ込むことができるかでフリーランスや個人会社での成功は決まるでしょう。

そこで外注や他の人にお願いするということも必要になります。そうしてコアに使える時間を確保するという方法も検討すべきでしょう。コアの事業に集中しなければならないのは人数が少ない企業ほど、必要なことです。特に一人で仕事をしているフリーランスや個人経営の会社ではコアコンピタンス経営を一度考えてみることをおすすめします。

無料資料ダウンロード

ノーセールスでは無料で使えるウェブマーケティングの資料をご提供しております。SEO対策やSNS広告を始めとしたウェブマーケティングを基礎から学べます。ぜひ自主学習や勉強会、社内研修などにご利用下さいませ。